大人のマナー

結婚式の服装マナー一覧!【親戚・親族】にも恥をかかないための女性の服装とは!?

結婚式の服装のマナー

結婚式の服装は、マナーがたくさんあって難しいポイントです。

特に、親戚や親族の結婚式や披露宴に参加する場合には、マナーがなっていないと自分だけでなく、両親や親戚はもちろん、新郎新婦にまで恥をかかせてしまうかもしれません…

友人の結婚式や披露宴でも、これを守っていれば間違いなし!

そんな結婚式・披露宴の服装のマナーとポイントをまとめました!

洋装(ドレス)のマナー

一番着ることが多い洋装からご紹介します。

最近はどんどんマナーがゆるくなってきているので、友達もこうしてたからと言ってそれに合わせていると、マナーを知っている人からは、嫌な目で見られてしまいます…

特に結婚式は親や祖父母など、年配の方もいらっしゃるので、マナーを守って気持ちよく結婚のお祝いをしましょう!

ドレスの色には要注意

ドレスは明るい色がマナー

ドレスの色は白がマナー違反なのは知られていますが、実は黒も要注意な色です!

女性の結婚式・披露宴でのドレスの色の基本的なマナーは

明るい色のカラードレス

自分のためではなく、花嫁のためにも明るい色のドレスを着ましょう!

純白のドレスは NG


NGポイント

  • 純白は花嫁だけの特別な色
  • 花嫁が白ドレスを着なくてもNG
  • ベージュは白く見えるので注意
  • 薄い水色などの淡い色も要注意


白っぽいドレスを着るなら

  • 全身を白っぽい色は避ける
  • 濃い色の羽織を合わせる
  • 2色に分かれたドレスは縁起×
  • できれば淡すぎない色が◎


ことりさん
ことりさん
定番のマナーですね!

ドレスの色は定番のマナーですね!

ただ、白やクリーム色を避けても、結婚式や披露宴のライトで白っぽく見えてしまうのが淡い色…

普通のピンクや水色なら問題ありませんが、あまりに薄いパステルカラーは避けるのが無難です!

花嫁のカラードレスと色被りはNG!と言う方もいらっしゃいますが、実際はドレスの豪華さも違うため、マナーではありません。

意図的に被らせるのはNGです(笑)

色を気にしそうだったり、主役意識の高い新婦なのであれば、事前に確認しておくとトラブルは避けられると思います。

人気の黒いドレスは要注意


NGポイント

  • 黒はお葬式を連想させる
  • みんな無難だと思い黒を着る
  • 集合写真がお祝いなのに真っ黒に
  • 新婦も写真を見て暗い気持ちに


黒いドレスを着るなら

  • 羽織に明るいベージュを合わせる
  • カバンや靴も明るい色にする
  • せめてネイビーのドレスにする
  • 新婦のためにも明るい色にする


うぐいすさん
うぐいすさん
黒いドレスだめなの!?

今若い世代のほとんどは、目立たないようにとか無難という色で、黒を選ぶ人が多いです。

でも、黒はお葬式を連想させるだけでなく、みんなが黒いドレスになると、集合写真は真っ黒です。

結婚式に黒いドレスはNG

ことりさん
ことりさん
こんなふうに真っ黒に…

黒色自体はマナー違反ではないものの、新婦のためにも周りの一緒に参加する人と相談し、みんなで明るい色にするのが、マナーです。

特にかわいい雰囲気の新婦であれば、より黒は避けましょう。

ドレスの長さや露出に注意

結婚式に露出ドレスはNG

ドレスは色だけでなく、露出にも気を使わなければいけません。

特に、肩出し・膝出しはNG

結婚式は冠婚葬祭です。いくら周りが露出していても、真似してはいけません。

もちろん2次会などは多少マナーにはゆるいものの、親族の結婚式などであれば、膝が隠れる長さのドレスが無難です。

無難というか、マナーです!

肩や膝は隠しましょう!

露出を避けるためにパンツスタイルというのは避けましょう。パンツスタイルはNGではないものの、女性の正装の基本はスカートです。

もちろんスーツもNG。

間違いやすい小物のマナー

実はドレスよりも小物の方が気をつけなければいけません。

小物はマナーだけでなく、縁起 が関係してきますので、要注意です!!

アクセサリー

パールのアクセサリー

アクセサリーの基本は、パールで作られたものが無難です。

夜スタートの結婚式であれば、シンプルなキラキラ系(ダイヤモンド系)もOKですが、大体はお昼頃スタートだと思うので、パールが無難ですね!

NGなアクセサリー

  • 派手すぎるアクセサリー
  • 生花=新婦と被る可能性大
  • 揺れるピアス=家庭が揺れる
  • 時計=時間を連想させる物はNG

羽織り物

フォーマルドレス

羽織は着なくても良いものですが、肌を露出するようなドレスには羽織りは必須。

ただ、羽織りであれば何でも良いわけではありません!

NGの羽織り

  • ふわふわなファー=殺生を連想
  • 革などのレザー=殺生を連想
  • あまりにスケスケな素材
  • ノースリーブ

バッグ

フォーマルなバッグ

バッグも何でも良いわけではありません。

しっかりとマナーを気にしましょう!

NGなバッグ

  • ふわふわなファー=殺生を連想
  • 革などのレザー=殺生を連想
  • 布や安っぽい素材
  • 大きなバッグはNG

くつ・ヒール・足元

結婚式の靴のマナー

疎かになりやすい足元にもマナーがあります。

せっかくキレイにドレスアップしているのに、足元がマナー違反だと台無しです。

オシャレは足元からですよ!

NGなくつ・足元

  • 革などのレザー=殺生を連想
  • 指先が見える靴はNG!
  • 素足・黒ストッキングNG!
  • ヒールは5cm以下NG!

足元にはNGポイントがいっぱいですね!

靴は5cm以上のパンプス一択!と覚えておきましょう!

サンダルやミュールやブーツはNGなので要注意です!!

和装(着物)のマナー

和装は日本女性の正装ですので、洋式の結婚式であってもOKな衣装です!

ドレスは基本的に無地なのに対して、お着物は柄があって華やかなので、お祝いにはぴったり!

ですが、着物にも沢山の種類がありますので、着物であれば何でも良いわけではないですよ!

ことりさん
ことりさん
和装も捨てがたい!

未婚女性の着物のマナー

振袖

未婚女性の着物は 振袖 です。

成人式で皆が着る、袖が床に付きそうなくらい長い着物ですね!


振袖の良いところ

  • 一番格式が高い正礼装
  • なんと言っても華やか
  • 未婚の時にしか着れない
  • 和式の結婚式にはぴったり


振袖の注意ポイント

  • 赤・金・白は花嫁に譲る
  • あまりにも派手な柄は避ける
  • 結婚してる人は着てはいけない
  • 未婚でも30代以上は着ない


振袖は未婚女性の正礼装なので、結婚している人が着ることはマナー違反です。

しかし、未婚であっても年齢が30代を過ぎてきて、振袖を着ていると嫌な目で見られる事があります…

30代を過ぎてくれば、このあとに紹介する色留袖がオススメです!

また、細かい注意点ですが、花嫁が打掛けではなく振袖を着る場合は、花嫁よりも袖が短い振袖(膝くらいの長さ)にすることがマナーですが、花嫁が振袖を着ることは少ないです。

既婚女性の着物のマナー

留袖

既婚女性の結婚式での着物は、留袖 です!

留袖も、振袖と同じく格式高い着物で、袖の長さは浴衣くらいの長さです。


留袖の良いところ

  • 格式が高い正礼装
  • 振袖と比べ淡い色が多い
  • 何歳でも着ることができる
  • 未婚でも着ることができる


留袖の注意ポイント

  • 黒色は絶対NG(母親が着る色)
  • 親族は紋が3つか5つ
  • 友人は紋が1つか3つ
  • 訪問着などと間違えない


黒い留袖は黒留袖と言われ、これは親族の母親や祖母の着るものです。

絶対に友人などが着てはいけません。

黒留袖以外は色留袖と言われ、白以外であれば基本的に何色でもOKです!

ただし、素人目には留袖とその他の着物との違いは、とても難しく見てもよく分からないものです。

結婚式には、留袖です!

うぐいすさん
うぐいすさん
留袖って落ち着いた色でかわいいね!

身だしなみのマナー

ここまでこれば、着るものにはマナー違反はないはずです。

しかし、服装以外にもヘアメイクなどもマナーは存在するので、しっかりと注意しましょう!

髪型にも実はマナーがある

結婚式のヘアセットはアップスタイル

ドレスでも着物でも、最近はたくさんオシャレな髪型があります。

ここで気をつけたいのが、ハーフアップなどのダウンスタイル

実は、結婚式などの式典での髪型は、アップスタイルが正式な髪型です!

特にドレスだと、背中やデコルテを隠したいという思いで、ダウンスタイルにする方もいますが、マナー的にはアップスタイルが基本中の基本。

自分でヘアセットするのではなく、美容室でキレイにセットしてもらうのがマナーです!

メイクのマナー

結婚式のメイク

メイクには細かい定義はありませんが、スッピンは絶対NG

高校生以上であれば、薄くてもメイクをするのが女性のマナーです。

しかし、派手すぎるメイクはNG

派手すぎるメイクとは、アイシャドウに派手なカラーを使うなど、花嫁より目立とうとしてるように見えるようなメイクです。

薄化粧にしないといけない訳ではなく、派手な色使いは避けましょう

適度なつけまつげなどは、もちろんOKです!

結婚式の服装まとめ

結婚式には沢山のマナーがあり、マナー違反をしている人も沢山います。

マナーにゆるくなったとはいえ、親族や新郎新婦にマナー違反をして嫌な思いをさせないよう、マナーを意識するのは優しさでもあります。

もちろん、マナーを知らずに結婚式に参加した人を責めないのもマナー。

悪口や陰口は、会場の雰囲気をぶち壊し、結婚式を台無しにしてしまいます。

結婚式のマナーまとめ

  1. 白と黒の衣装は避ける
  2. 革やファーの素材を避ける
  3. ヒール5cm以上のパンプス
  4. 派手すぎないよう華やかに

少なくてもこれだけは守り、新郎新婦のためにいい気分でお祝いしましょう!